読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gymnoの自由談

音楽系、プログラミング系の内容 方針はいずれ

ダーウィンが来た!生きもの新伝説第107回「落ち葉の山から!ヒナが出た」

http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program107.html

ふ化したばかりのヒナが空を飛ぶ。そんな驚きの鳥がいるんです。オーストラリアの熱帯雨林にすむキジの仲間、ツカツクリです。
親鳥は、卵を抱いて温めることも、ヒナの世話をすることもありません。代わりに子育てを任せるのは、なんと落ち葉の山(塚)!2トンにもなる塚の中に卵を埋め込み、落ち葉が分解されるときに出る熱を利用して温めます。そうしてふ化したヒナは、生まれながらに1羽で生きていけるほど大きく成長しているんです。いわば森にヒナを育ててもらう、ツカツクリ流子育ての新伝説です。

発酵をして落ち葉の山をあたためて卵を孵す ってのはもちろんかしこいのだけど 印象的だったのはやはりヒナ鳥
落ち葉の山の中からやっとのことではいあがってきて直ちに走り出し飛び立つ

ウミガメそのものではないか  けなげ
鳥の中で最も早く飛べるらしい
過去ページではこのヒナをクローズアップしてるな  番組ではむしろいかに温度を高くしてメスを呼ぶか に時間が割かれていたと思うのだけど 客引きかね ヒナ鳥